音楽

2011年11月18日 (金)

ベリーダンス

 瀬戸屋敷でベリーダンスとマリンバのコラボがありました。始めて見る踊りと音楽。お互い蔵の雰囲気にぴったり合っていました。当日初めて会ったグループ同士なのに一緒に出来てしまうレベルの高さ。

 初めての出会いなのに不思議な縁がありました。マリンバはメンバーの中に山北の方の申し込みです。ベリーダンスも東京から来ましたが紹介は山北の方です。それも同じ地区の岸でした。この出会いを大切にしてもらいたいと思います。きっとこの後また、音楽とダンスのコラボがどこかで実現して行く気がします。

 瀬戸屋敷が出来て、母屋や蔵を使って作品の展示、講演会、音楽会など様々な催しが行われて来ました。こちらからお願いしてではなく、この雰囲気の中で演奏したいとか作品を飾ってみたいと言う申し込みが多々あると聞いています。今回もそうです。

 瀬戸屋敷では、多くの町民の皆さんに見ていただきたい事業が沢山あります。瀬戸屋敷で行われる事業内容の情報提供をきめ細かくして、出来るだけ多くの皆さんにすばらしい作品を見ていただき、また、すばらしい演奏を聞いていただきたいと思います。

Blog0770

Blog0771

2011年10月31日 (月)

コンサート

 開成南小学校体育館で、琴演奏グループ「和音」と文命中学校吹奏楽部の競演がありました。

Dscf0678

 4月に岡本中学から樋口先生が文命中学に来てまだ半年ですが、生徒たちのレベルが一気に引きあがったように思います。生徒たちの表情、動きに自信に満ちた力強さを感じます。

 多くの町民の皆さんに聞いてもらえるような場面を作っていきたいと思います。安心して練習ができるよう、楽器に掛かる経費予算も組んでいきたいと思います。

2011年10月18日 (火)

竹あかりと和のコンサート

 南足柄市郷土資料館中庭特設会場で、「竹あかりと和のコンサート 甲斐りょうじんと薩摩琵琶の夕べ」がありました。

 実際見て聞いた人にしかわからない感動でした。初めての経験で表現が大変難しいです。唄と語りと演奏が混ざり合って表現されたものです。

 甲斐りょうじん(山梨県甲府市)は、甲斐の歴史と文化を歌と語りと音楽で表現して残そうとする目的で結成されたグループだそうです。

 唄う人、語る人、薩摩琵琶を弾く人、琴を弾く人、尺八を吹く人、ピアノを弾く人で構成されていました。

 甲斐国のことだけでなく、「相模のおかしき名前歌」「道了尊の天狗」の唄も聞かせてくれました。演奏場所に合わせて詩を書き換えてしまうようです。

Dscf0647

 瀬戸屋敷に来ていただいて、皆さんに絶対聞いていただきたい演奏です。実現したいと思います。

Dscf0653