« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の記事

2014年6月30日 (月)

J-NET 記念講演会

 6月28日、J‐NETが主催する記念講演会が小田原合同庁舎で開催されました。講師は、黒岩県知事で、「県西地域の起爆剤『未病を治す』を知ろう」というテーマでの講演でした。 J‐NETは、小田原市商店街連合会、小田原二世会、小田原箱根商工会議所小田原青年部、小田原箱根商工会議所箱根青年部、小田原青年会議所、湘南建設業協会青年部会、宅建協会小田原支部青年部会の地元の青年経営者8団体で構成されています。

 講演会のあと、パネルディスカッションが開かれました。守屋県議がコーディネーターで、黒岩知事、小田原箱根商工会議所の鈴木会頭、西湘エコファームの柳川代表、はこねのもり女子大学の宮本学長がパネラーでした。

 柳川代表は大井町の若手農業者で、今、開成町の瀬戸屋敷の北側にある古民家「紋蔵」を使って面白いことを進めています。自然酵母を使ったパン屋さん、ラーメン屋さん、働く障害者を応援するこだわり卵とお菓子の店、ハンドメイド雑貨の店、指のマッサージのお店、手相のお店などが出店しにぎわいを創りだしました。「紋蔵」は、瀬戸屋敷ひなまつりやあじさい祭でもお客様をもてなしてくれています。柳川代表のネットワークで多くの人が繋がった結果であり、これからの活動が楽しみです。

 柳川代表は、知事との意見交換会の中で、「足柄地域には宝がいっぱいある。それを活用するアイデアもいっぱい持っている」と答えていました。また、「田んぼの真ん中に農家レストランを作りたい」とも今後の夢を語っていました。そのためにはレストランから見えるところにある食材を使っていることを見せることが大事で、土地の規制緩和がどうしても必要だと知事に訴えていました。

 若者の熱い思いに触れ、その思いを達成するために進んでいけるようサポートしていきたいと思います。

260628_jnet

2014年6月23日 (月)

富士屋ホテルで職員の接遇実践研修

 開成町は来年2月に町制施行60周年を迎えます。60周年を新たな開成町のスタートの年と位置付けて準備を進めています。

 現在の人口16,800人を10年後に19,300人にするという計画を立てました。現在の町民及び将来の町民の皆さんが開成町の価値を認識し、それを浸透させていくために、開成町のブランディングを確立していく必要があります。目標は、「住んでみたい」「住み続けたい」町です。開成町が持つ豊かな自然環境や人のぬくもりを感じる良い意味での田舎らしさと、開成駅周辺の水と緑が調和した癒しの空間を持つ活力ある都市づくりをコンセプトに開成町らしいブランディングを考えていきたいと思います。

 開成町のまちづくりの根幹は顔の見える関係です。そのためにはコミュニケーションが一番大事です。まずは職員が実践していかなければなりません。転入などの手続きで役場に来庁された町民の皆さんの第一印象はとても大切です。それ次第で町全体のイメージが決定づけられてしまうことがあります。職員に求められる最初のサービスは、笑顔での窓口対応・声掛けです。

 今日6月23日から、箱根町宮ノ下にある日本を代表する歴史と格式あるホテル~富士屋ホテル~で、職員の接遇実践研修をさせていただいています。若手職員計16人が、2人ずつ1週間交代でホテルのロビーで案内などをし、ホスピタリティー(おもてなし)を実践から学びます。新しいスタートを切るために職員の資質も向上しなければなりません。開成町職員としての誇りと自信を持って、頑張ってほしいと思います。

260623

2014年6月20日 (金)

風鈴まつり ~「涼」をもとめて~

 今年のあじさい祭は6月15日(日)までで終わりました。あじさい祭が終わっても、あじさいの里にはまだまだ多くのお客様がアジサイの花を見にいらっしゃいます。青い花の盛りは過ぎましたが、赤い花と白い花の系統のアジサイまだまだ真っ盛りです。

 あしがり郷瀬戸屋敷では、毎年恒例の開成町文化団体連絡協議会の皆さんによる「風鈴まつり」が、6月22日(日)まで開催されています。しのぶ風鈴、竹風鈴、あじさい風鈴、南部風鈴、布風鈴など様々な風鈴が音色を奏でています。是非、開成の澄んだ水と空気に風鈴の音色が合わさって織り成される「涼」を楽しみにお出で下さい。

Photo

2014年6月16日 (月)

魁聖と開成 『開成あじさい場所』は大入り満員御礼

 6月14日(土)、大相撲友綱部屋の魁聖関(前頭六枚目、ブラジル出身)が、あじさい祭のイベントであじさい公園に来ました。四股名(しこな)の読み方が町名と同じという縁から、町広報の情報特派員がインタビュー取材(開成町広報平成26年3月号)をしたのをきっかけに交流がスタートしました。

 土俵ならぬ舞台棟の舞台の上で、子どもたちと相撲対決。間近で見る力士の大きさに最初は怖々でしたが、楽しそうに挑んでいました。“結びの一番”は「あじさいちゃんとしいがし君」。どの取組も会場から大歓声があがり大盛況でした。

 町外からも、多くの魁聖関ファンが駆け付けていました。魁聖関は、接した誰もがファンになってしまうほど、気さくで笑顔の絶えない力士です。今後はファンクラブを作って観戦ツアーの企画など、この縁を深めていきたいと考えています。

 皆さん、『かいせい』の応援を宜しくお願いします。

Photo_4

Photo_5

2014年6月13日 (金)

にこにこの会

 6月13日、2市8町車いすダンス広域交流事業として、第10回にこにこの会が山北町生涯学習センターで開催されました。

 NPO法人車いすレクダンス普及会 西さがみ矢車草の会(山北支部、南足柄支部、松田支部)の皆さんが、車いすを使って楽しく音楽に合わせたダンスができるようにリードしてくれます。参加者のみなさんの障がいの程度はさまざまですが、全ての参加者が必ず参加できるよう工夫がされています。

 音楽に合わせて身体を動かすことは、喜びや元気を得られます。障がい者の皆さんに、このような機会がもっともっと増え、笑顔と元気で満たされるように、手を取り合い知恵を絞っていきたいと思います。

Photo

2014年6月 9日 (月)

あじさい祭開催中です

 開成町を彩る3大祭り。中でも田園の彩りを堪能できるイベント「あじさい祭」を7日(土)から開催しています。開成町を「あじさいの町」としてイメージづけたあじさい祭27年の歴史。子どもたちの世代に引き継ぐため、今バトンを持っている私たちがもっともっと元気なイベントにしなければなりません。

 初日となる7日(土)は、神奈川県全域に大雨警報が発令され、規模を縮小して町内だけの開園式となり、自衛隊音楽隊コンサートも中止となりました。そのような悪天候にも関わらず、多くの関係者の皆さんが祭を盛り上げるために頑張ってくれました。ありがたいことです。

 翌日の8日(日)は、前日の雨が嘘のように天気が回復しました。日中は県西地域の高校生の部活動発表があり元気な声が飛び交い、夜には尺八による「あじさいコンサート」が味わい深く響き渡り、一日を通して賑やかでした。

 この雨で、あじさいの花が生き生きとしてきました。今週末は花も咲きそろいそうです。まだいらしていない方は是非、開成町にお越しください。あじさいの花の旬を満喫できますよ。

2014_3

2014_2

2014年6月 6日 (金)

あじさい祭PR活動推進中!!

 あじさい祭のためのスタッフポロシャツができました。若手職員のお父さんの手書きで、独特の書体で味があります。おしゃれです。無地のポロシャツに職員が古い機械をつかって一枚一枚プリントしています。

 つい先日までは、チャレンジデーのTシャツでPR活動をしていましたが、これからはこのシャツを着てあじさい祭のPRに行きます。今日、6月5日はJCN小田原とFM小田原に行きます。多くの人に開成町の「元気・きれい・健康」も知っていただきたいです。

 あじさい祭で言えば、「元気」は、人気力士・友綱部屋「魁聖」との交流。「きれい」は、雄大な富士と箱根・丹沢の山々を背景に、田園に咲きそろう約5000株の圧倒的なあじさいとそれを望める高さ5mの見晴らし台。「健康」は、足湯と足裏療法の市野さおり氏による足からのチェック。

 あじさい祭は、今週7日(土)から15日(日)までです。数あるあじさいの名所にはないあじさいの風景がここ開成町にあります。お待ちしています。

Photo_2

2014年6月 2日 (月)

ロング手巻き寿司

 5月31日、今年も「ロング手巻きずし」作りに参加しました。町婦人会の皆さんによってあじさい祭のプレイベントとして毎年行われています。手巻きずしの味ですが、自分で作ったものだからでしょうか、本当においしかったです。

 この事業には開成町の婦人会だけでなく、山北町婦人会、箱根町婦人部、在日大韓民国民団の皆さんも参加をされていて交流も図っています。今年は、同じ日に開催された「米栽培体験学習塾(田植え)」参加者(親子100人)のうち多くのかたが参加しました。今年は、この2つの事業を敢えて同じ日に開催しました。「米栽培体験学習塾」参加者は「ロング手巻き寿司」も体験し、開成町の1日を満喫できたのではないでしょうか。片や「ロング手巻き寿司」では、子どもたちの声が他の参加者に元気を与えてくれました。

 夜はホタル観賞会も開催されました。多くの方に開成町の自然の豊かさを感じていただけたのではないでしょうか。

Photo

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »