« お花見 | トップページ | 湘南ベルマーレフットサルクラブ ~県西の魅力発信のチャンス~ »

2014年4月 8日 (火)

宣伝方法

 「リヤカーと歩く繋がりの旅」と題した取り組みをみてきました。開成町北部にある「古民家ガーデン紋蔵」から、リヤカーを引いて山北駅前広場まで行ってくるというものです。

 リヤカーには、天然酵母を使用したパンをいっぱい積んでいきました。小田原の移動販売パン屋さん「Desture」のパンです。

 朝8時に出発して帰ってきたのは夕方5時でした。9時間の旅です。もちろんパンは売りきれ。多くの人との出会いがあったそうです。自分の足で人と出会いながらの販売活動は、素晴らしい宣伝方法と感じました。

 自分が作ったパンへの思いを伝えるのに、最も効果的な手段ではないでしょうか。絶対的ファンを増やすことが大事です。大井町と足柄紫水大橋で繋がりましたので、次回は、大井町山田までの行程を楽しみに待っています。

2014040516320001

« お花見 | トップページ | 湘南ベルマーレフットサルクラブ ~県西の魅力発信のチャンス~ »

ニュース」カテゴリの記事