« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014年1月27日 (月)

開成町公式フェイスブック

 開成町公式フェイスブックの運用を開始しました。開成町の魅力を町内外に発信すること、まちづくりの旬の情報を町民に提供することを基本に、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用割合の高い若年層をターゲットにし、次の情報を発信します。

*あじさい祭、阿波おどり、瀬戸屋敷ひなまつりなどのイベント情報

*子育てや教育など子育て世帯への支援情報

*「元気」「きれい」「健康」をキーワードにした

    『日本一元気なまち』のまちづくり情報

*その他、広報紙では取り上げられない日々の出来事に関する情報

●開成町公式フェイスブックのURLはこちら

    https://www.facebook.com/kaiseitown

 フェイスブックの「いいね」をクリックしてください。

Facebookbig

2014年1月24日 (金)

婦人会新年会

 100人近い参加者を得て、開成町婦人会の新年会が開催されました。町の多くの行事は、婦人会の皆さんの力が無くては成り立ちません。町の『元気』の源です。

 2月22日から3月9日まで、瀬戸屋敷にて「ひなまつり」が開催されます。町の3大祭りの一つです。婦人会の皆さんが主体です。毎年新作の「つるし雛」が増えています。今年はどんな作品が出来上がったのか楽しみです。

 新年会は楽しさ満載で盛り上がりました。神奈川県が作ったAKB48の「恋するフォーチュンクッキー神奈川」が上映され、振付を練習しました。5月28日に町を挙げてのスポーツ・運動のイベント「チャレンジデー」を開催しますので、是非婦人会の皆さんには、これを踊って欲しいものです。

 婦人会の皆さんのパワーをいただいて、今年も頑張ります。

S_001

 S_002

2014年1月23日 (木)

北海道幕別町議会来訪

 北海道幕別町から、副町長と議会議長会派の皆さんが、開成町に来てくれました。

 昨年は、パークゴルフの縁もあり幕別町と災害時の相互応援協定を結ばせて頂き、また、パークゴルフ発祥30周年記念式典も幕別町で開催されています。

 今年の4月29日は、開成町のパークゴルフ場がある開成水辺スポーツ公園が開園20周年の記念日です。記念式典には岡田幕別町長にも出席いただき、祝いたいと思います。

 パークゴルフでは、黒岩県知事が掲げる「未病」というキーワードで、県西地域を世界に発信していくために一役買っていきたいと思っています。水辺スポーツ公園は、「健康」の拠点にしていきます。パークゴルフのほか、サッカー、野球、サイクリング、ジョギングなど気軽に使える場所です。隣には民間のフィッシング場もあります。26年度は総合型スポーツクラブも創設します。科学的根拠をもった運動指導ができるよう調査研究をしていきたいと思います。

S_009

2014年1月14日 (火)

どんど焼き

 子どもたちの無病息災を願って「どんど焼き」が、町内22カ所で行われました。地区によっては5カ所のところもあります。また、山車を出して子どもたちによる太鼓演奏も行われています。

 地域が一体となれる大切な行事です。今年は「萬古清風」の言葉を使わせていただきます。古来伝承の理念を尊びながらも、新しいものを創っていける年にしていきたいと思います。

 子どもは町の宝です。「子ども会」のあり方について、町を挙げて取り組んで行き、新たな仕組みを創っていきます。

S_010_2

S_001

2014年1月10日 (金)

干支から見た2014年の行方

 2014年の干支は「甲午(きのえ・うま)」です。干支は10年周期の十干(じっかん)と12年周期の十二支の組み合わせで、60年で一巡します。生命やエネルギーの成長、発展、収縮という変化を約説する干支は、古来時勢の変化を考察する材料とされてきました。

 十干の「甲」は春になり植物が種や芽鱗(がりん)を破って芽吹く様子を現わすことから物事の”はじまり”に通じ、十干の一番目であることから“第一”“首位”の意味も持ちます。

 十二支の「午」は杵(きね)の象形であり、また、上の2画は地表を、下の「十」は陰気が下から陽気を突き上げて出ようとする姿を表しているとされています。そこから”そむく””さからう”という意味に用いられます。一方動物のウマ(馬)は、家畜や労働力のほか軍事、神事などさまざまな場面で古くから人の生活に役立てられてきました。

 こうした点から、2014年は古い体制が壊れ新しい動きが出てくる年といえるようです。国の経済においては旧来の枠組みを打破し、改革を進めることが求められるのではないでしょうか。

 開成町においては、2015年2月の町制施行60周年に向けて、新しいものを創っていける年にしたいと思います。

S_006

2014年1月 6日 (月)

賀詞交換会

 5日に表彰式と賀詞交換会を行いました。表彰を受けられた皆さん、様々な形で町に貢献していただき、ありがとうございました。芸術・文化・スポーツ奨励賞では、多くの若者がそれぞれの得意分野で活躍をされ、町に元気を届けてくれました。特別奨励賞では、小学生が大活躍です。自転車の乗り方足柄上地区大会で優勝・準優勝・3位と独占入賞でした。県大会でも期待をしています。

 今年は、中学生に「萬古清風」と書いてもらいました。力強い筆さばきです。「日本一元気な町」は町長室に飾ります。お客さんに見てもらうことと共に、毎日この書を観て仕事に励みたいと思います。

 S_001

S_002

2014年1月 1日 (水)

新年明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます

 昨年から「明るい未来に向けて人と自然が輝くまち・開成」をめざし、新しい総合計画をスタートしています。そのような中で「日本一元気な町、日本一きれいな町、日本一健康な町」をスローガンに様々な『元気プロジェクト』を実施してきました。

 一例を挙げますと「元気」では、あしがら花火大会に合わせてコンサート・バーベキュー大会・屋台村を実施し新しい納涼まつりとして多くの方に楽しんでいただきました。

 また、「きれい」では、町をきれいにするために、毎月1回町職員による町内公共施設の清掃とパトロールを始めました。自分の町を知り自分の町をもっと好きになる、そんな意識も高まってきたように思います。

 さらに「健康」は、毎週月曜日の朝に役場前駐車場にてラジオ体操を行い、職員から率先して健康づくりに取り組んでいます。

 今年の春には、開成町と大井町を結ぶ新しい橋が開通する予定です。名前は「足柄紫水大橋」です。開成駅周辺南部地区の土地区画整理事業も夏には完成し、良好な住環境が整います。人と車の流れが大きく変わります。多くの方に一日も早く移り住んでいただけるよう定住促進策を進めていきます。

 また、瀬戸屋敷を核とした北部地域活性化のために力を入れ、年間を通して町の特産品を提供できるようにし交流人口を増やします。そのために、弥一芋の特産品化などの6次産業化事業の支援や、新エネルギーとして注目される小水力発電用水車の設置、環境のバロメーターであるホタルがみられる公園の整備、豊かな自然を生かした子育て支援等を具体化する計画です。

 さらに、開成駅周辺と瀬戸屋敷周辺の将来構想図を春には完成させ、皆様にご提示できる予定になっています。楽しみにしていてください。

 子育て支援では、町の組織・機構の見直しやファミリーサポートセンターを設置するなどの充実を図っていきます。

 今年の賀詞交換会では、「萬古清風」を掲げさせていただきます。古来伝承の理念を尊びながらも、町制施行60周年に向けて、新しいものを創っていける年にしたいと思います。

 今年も町民の皆様の目線で考え行動するために、積極的に皆様方のところにお伺いしますので、一緒に「日本一元気な町」を創っていきましょう

S_005

S_003

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »