« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月25日 (月)

駅伝優勝

 24日、第67回足柄上地区一周駅伝競走大会が行われました。今までは箱根駅伝と同じ日1月3日でした。今回から実施日が変わりました。コースは、合同庁舎から山北駅前を通り南足柄市から開成町、松田町、中井町役場を折り返して合同庁舎までの45.1㎞です。

 優勝という快挙を成し遂げました。67回目にして初めてです。6区・7区で区間賞をとり、最後の区間で逆転しました。

 開成町は、2週間前に行われた神奈川駅伝で町村の部ではじめて4位入賞を果たしました。その勢いを持って臨みました。さらに、全町挙げての応援態勢を取りました。「がんばれ開成町」の旗を作り沿道に掲げました。また、開成町を通る沿道住民にチラシやマイクを使っての事前周知を図り応援をお願いしました。

 町体育協会と町職員の熱意が、町民の皆さんに伝わったのだと思います。沢山の皆さんが沿道に出て選手に声をかけてくれました。勿論出場選手の力もあります。

 選手の力を最大限発揮してもらうためには、多くの人の思いが必要です。町を挙げて取り組むことが出来れば、様々なことが実現できます。これからの町づくりに一番必要なことです。お手本になりました。祝賀会を考えることは嬉しいことです。

S_006

Skakobeomy5fiwifkqcmr

2013年2月22日 (金)

中学生救急基礎講習

 20日、開成町では初めて文命中学校3年生に、救急基礎講習会を開催しました。自動対外式除細動器(AED)の使い方が主です。町防災安全専門員と町消防団の皆さんが講師をしてくれました。

 学校を卒業するにあたり自分の身は自分で守り、その後は人を助けられる人になって欲しいと話をしました。特に運動をしている生徒にお願いをしました。一番事故の可能性があると思っていましたので。

 しかし、講師の話の中で、事故が一番多いのは家の中でとのこと、ビックリしました。大事な家族の命を守るためにも、中学生には人命救助の方法を身につけておけるよう、救命講習を継続して実施して行きます。

S_009

S_007

2013年2月21日 (木)

ひなまつり10周年

 婦人会の皆さんが始めた手作りつるし雛祭り10年目を迎えました。今では開成町の3大祭りの一つです。さらに、近隣の市町へとひな祭りが広がっています。NHKの放送や朝日新聞の記事によって宣伝もしていただくことが出来ました。

 今年は10周年を記念して、2000人ごとの入場者に記念品の贈呈が企画されました。17日に幸運の女神に出会いました。小田原の男性の方でした。年男で1月には10万円が当たったそうです。続けてですので大変驚いていられました。

 来場予定者は2万人の予定ですので、記念品はまだあります。これからですので、是非、来て下さい。松田町の桜まつりと南足柄市のひな祭りも同時開催です。合わせてお願いします。

S_006

S_009

2013年2月18日 (月)

不思議な縁

 17日、瀬戸屋敷ひなまつり会場でお客様をお迎えしていました。「何処からみえられたのですか?」と声をかけると「東山北から歩いて」と言われました。開成駅、新松田駅からバスが出ているのに。不思議に思い詳しく聞いてみると、東京から東海道線で国府津から御殿場線に乗り換え、東山北駅で降りたそうです。iPadによるナビを使ってのこと。

 情報の取り方によって、このようなルートになってしまうこともあると思うと怖いものがあります。しかし、お二人は明るく楽しく歩いてこられたようですので、本当に良かったです。開成町にたどり着いて。

 あまりにも運が悪く思い、開成町商工会工業部会制作の「開運かざぐるま」を差し上げました。きっと運が良くなると思います。

 早速メールが来て、帰りはスムーズに新宿に到着したそうです。新宿の街を開運かざぐるまを背負って、龍馬伝の弥太郎のように歩いたとのこと。住まいは荒川区で、開成高校のあるところということで、不思議な縁を感じます。

 6月の「あじさい祭」は小田急線で来られるとのことです。ミカ様、ナオ様 お待ちしています。

S_009

2013年2月15日 (金)

MOA美術館全国児童作品展

 1月1日から2月20日まで、熱海にあるMOA美術館で、第24回MOA美術館全国児童作品展が開催されています。開成町でも全国作品展にエントリーするための開成児童作品展を実施しています。過去に絵画の部で銀賞を受賞しました。

 全国レベルの作品を見ることは大変重要なことと考えます。又この時期は、尾形光琳筆の国宝「紅白梅図屏風」や野々村仁清作の国宝「色絵藤花文茶壺」が展示されています。河野学芸員の説明を受けながら観ると理解の深まりが違います。

 子どもたちに本物に接する機会を提供していくことで、豊かな心へと成長して行けると思います。芸術文化は数値で評価できるものではありませんが、大変重要なものであると思います。力を入れて行きます。

S_015

S_017

2013年2月14日 (木)

神奈川駅伝

 10日、第67回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会が行われました。秦野市中央運動公園をスタートし、県立相模湖公園までの51.5kmを7人でタスキをつなぎます。

 第50回から郡市対抗から市町村対抗に変わりました。開成町では昨年初めて町村の部で6位入賞しました。今年も上位入賞を期待して応援をしました。結果、愛川町、箱根町、葉山町についで4位です。素晴らしい成績を残してくれました。

 選手の皆さんは、一人一人の力が全て発揮されれば、更に上に行けるという実感が得られたようです。24日(日)は足柄上地域の駅伝大会があります。優勝が見えてきました。町を挙げて応援体制を作って行きたいと思います。

S_008

01ofcnk0hqb4umj1360727422_136072748

 

2013年2月 6日 (水)

干支づくり教室

 2日、上延沢自治会館で干支づくり教室がありました。竹を使った作品です。赤い紐の付け方で個性が出ます。ネクタイ・頭にリボン・しっぽに飾り・舌を付けたりと様々です。

 事前の準備が大変だと思います。竹を加工して参加者はノリで組み立てるだけです。研究熱心で竹細工の盛んな北陸まで勉強に行ってきたそうです。今回で6回目。12干支ありますので、あと6年頑張って続けて行くそうです。

 全部そろえるには、12年連続して元気に参加しないといけません。参加者の健康増進にも役立つ活動です。自治会活動の素晴らしさがここにあります。

S_010

S_007

2013年2月 5日 (火)

雛飾り

 小田急線小田原駅と開成駅に、「ひなまつり」宣伝のための展示ブースをお借り出来ました。小田原駅には松田町寄のロウバイが活けられていました。甘い香りが人々を引き寄せています。見事な演出です。

 開成町も負けず、竹の枠とつるし雛を使い緑と赤で視覚に訴える展示をしました。目をひいていました。立ち止まってチラシを持っていく乗客の皆さんが沢山いられます。

 瀬戸屋敷ひなまつりは、2月12日(火)から3月3日(日)です。予告宣伝ですが、間違って「今」開催されていると勘違いされる方もいられるとのことですので、ご注意をお願いします。

 南足柄市郷土資料館(2月12日(火)から3月31日(日))での森のひなまつりも同時開催です。また、松田町の桜まつりは2月9日(土)から3月10日(日)です。3コースを回れば一日楽しめると思います。お待ちしています。

S_012

S_014

2013年2月 1日 (金)

フォトコンテスト

 2012開成観光フォトコンテスト審査会を行いました。応募総数は88名284点で、最年少14歳から85歳までの幅広い方々からご応募いただきました。14歳の方の作品が見事入賞しました。

 開成町の方が15%、町外の方が85%です。圧倒的に外からの来場者の方の応募が多いです。あじさい祭りが53%、阿波おどりが18%、瀬戸屋敷の行事等が21%です。

 前回は、「絆」をテーマに選ばせて頂きました。今回は、「子どもの笑顔」をテーマとして選定をさせていただきました。お母さんがお子さんを撮影した作品も入賞しました。心がホッとし穏やかにしてくれます。

 広報かいせいの3月号にカラーで発表しますので、お楽しみに。また、3月12日(火)から29日(金)まで瀬戸屋敷にも入賞作品を展示します。推薦1点、特選3点、入選6点、佳作10点です。

S_005

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »