« 瀬戸屋敷のお正月 | トップページ | 出初式 »

2013年1月16日 (水)

どんど焼き

 12日、町内22カ所でどんど焼きが行われました。教育委員会発行の「ふるさとの栞ー開成町の歴史遺蹟」によると、開成町には道祖神が29基あり、道祖神は子供の神様だそうです。子どもがどんな悪戯をしても決して怒らないばかりか、願いをかなえて下さると伝えられています。飾り付けは地域によって違うようです。

 地区によって、どんど焼きのやり方は様々です。子ども会が主体であったり、庭であったり、自治会であったりと。また、山車があるところ、子どもが太鼓を演奏している地区もありました。市街化が進んでいくと、火を燃やす場所の確保も難しくなります。

 伝統行事を守り続けて行くことは大変なことです。しかし、子どもたちにとっては大変貴重な経験となりますので、何とか残していきいけるよう努めて行きます。

S_021_2

S_030_2

S_013

S_012

« 瀬戸屋敷のお正月 | トップページ | 出初式 »

文化・芸術」カテゴリの記事