« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012年11月15日 (木)

ラジオ体操

 毎週月曜日役場前駐車場にて、ラジオ体操を始めました。就業前8時20分から5分程度です。宜しかったら皆さんも参加してみたらいかがでしょうか。気持ちのいいものです。

 夏休み、子ども会主催のラジオ体操に参加してみました。朝6時半から。久しぶりでしたが体が覚えているものです。普段の運動不足を実感しました。体が重い。動きが鈍い。テンポが遅れてしまいます。しかし、続けていると身体が軽くなって来ました。元気、やる気が出ます。朝ご飯がおいしい。いいことばかりです。

 一人でも多くの皆さんが健康でいていただくために、いきいき健康体操、ゆる体操なども町として進めています。自分に合ったものを取り入れて欲しいと思います。一人で続ける事は大変難しいものです。多くの人が一緒に出来るように、定期的に続けます。月曜日が祭日の日は火曜日です。お待ちしています。

S_023

S_025_2

2012年11月14日 (水)

コミュニティスクール

 12日、開成町立学校運営協議会合同会議が開かれました。コミュニティスクールの推進についてです。開成町では、開成小学校、開成南小学校、文命中学校をコミュニティスクールに指定しています。

 全国では、1183校。神奈川県では、横浜市、川崎市、開成町だけです。特に町内にある小中学校すべて指定しているのは、全国でも開成町だけだそうです。誇るべきことなのに、町民に知られていないことが残念です。

 そもそもコミュニティスクールって何?ということで、文部科学省学校運営支援企画官(前開成町教育委員会教育長)の松浦氏と日本大学教授の佐藤氏に講演をしていただきました。

 学校運営協議会を設置した学校を「コミュニティスクール」と言います。学校運営協議会は、保護者や地域の人たちが学校運営に参画することが出来る制度です。町全体で子どもたちを育てていくことが出来ます。

 また、法律で3つの権限が与えられています。一つは、校長の作成する学校運営の基本方針の承認。二つ目は、学校運営について教育委員会や校長に意見を言うことが出来ます。三つ目は、教職員の任用に関して教育委員会に意見を述べられます。

 開成町は神奈川県で一番小さな面積の町です。その特徴が生かされ自治会活動が活発です。自治会加入率も80%を超えています。学校と地域の関係も良く連携が取れて、様々な交流が日頃から行われています。

 平成25年度から12年間の第5次総合計画の作成中です。基本姿勢を「いつまでも住み続けたいと思えるまちづくり」として、子どもたちとの関わりに視点を置いた施策を展開していきます。

 今後、開成幼稚園も指定していき、幼・小・中一貫コミュニティースクールの推進を図っていくことで、開成町の将来を担える人材育成をして行きたいと思います。教育に力を入れて行きます。 

2012年11月13日 (火)

パークゴルフ全国大会

 11日、第18回パークゴルフ全国大会が開成水辺スポーツ公園パークゴルフ場で、331人参加のもと開催されました。北海道、宮城県、福島県、石川県からの遠方からも参加をいただきました。

 開成町では、年間8万人を超えるパークゴルフ利用者があります。これだけ利用されるスポーツは他にありません。健康増進にも役立っています。大変重要な資源です。大事にして行きたいと思います。

 8年前まで、北海道の幕別町、福島県の田尻町、石川県の根上町、富山県の小杉町とパークゴルフネットワーク会議を構成して地域間交流をしていました。しかし、市町村合併の影響により解散することになってしまいました。

 町の名前が残っているのは幕別町と開成町だけです。もう一度この縁を幕別町と再開したいと思います。災害時の物資提供や職員派遣、町のイベントへの参加、児童生徒の相互訪問など検討していきます。

 来年6月のあじさい祭りには、幕別町の物産品を取り扱うことが出来るよう進めて行きたいと思います。

S_027

2012年11月 8日 (木)

秋の玉手箱

 4日、瀬戸屋敷を核に秋の玉手箱が開催されました。お天気にも恵まれ多くの人出がありました。やはり商工振興会主催の千人鍋には行列が絶えませんでした。団子や弥一芋が入っています。地元でとれた野菜満載です。

 6月の田植え、9月の稲刈り、最後は収穫祭。横浜・川崎の親子の皆さんには3回、開成町に来ていただきました。自分たちで収穫した新米の贈呈、餅つき、弥一芋掘り体験などしていただきました。都市部の皆さんとの交流から開成町のファンを増やしていきたいと思います。

 11月は、箱根町観光協会のご協力により4回のバスツアーを組んでいただきました。開成町で柿もぎ体験と開成町特産グルメを味わっていただくものです。

 今後、瀬戸屋敷を中心に体験型農業ができる体制を整え、年間観光集客を図って行き、北部地域の活性化を実現していきます。まずは、弥一芋の生産拡大を進め、弥一芋を町特産品として売り出していきます。

S_054

S_055

2012年11月 7日 (水)

あしがらアート開会

 3日、ブルックス大井事業所内体育館、でASIGARAアートフェスティバルのオープニングがありました。1ヶ月にわたり様々な催し物があります。ブルックス事業所内では、フローリアン・バロン(ドイツ)、横井山 泰(日本)、吉岡裕記(日本)のアーティストが、会期中の金・土・日曜日は滞在制作をします。

 開成町では昨年に続き、開成駅東側の「そうせいカフェ」が、土日開かれます。

 11日には、丹沢湖ダム広場公園にて、第2回神奈川チェンソーアート競技大会が開かれます。楽しみです。

S_037

S_043

2012年11月 6日 (火)

文化祭

 3日、かいせい文化祭が始まりました。福祉会館で芸能発表の部が開催され、酒田保育園こども太鼓から始まり27団体の演技が披露されました。日頃の練習の成果が十分表現されていました。10・11日は町民センターにて展示発表も開催されますので、是非、見て下さい。

 各地区でも文化祭が開かれています。岡野では秋まつりです。芝生の公園を特設パークゴルフ場に開設しての競技。新米のおにぎり、手作りの料理を食べながらの交流会。小さな自治会だからこその親密感があります。

 下島、パッレトガーデンでは文化祭。プロじゃないのと思わせる絵もありました。癒される、ホッとする。何とも心地よい絵でした。もっとたくさん見たい。展覧会を開いていただきたいと思いました。

 開成町には、さまざまな才能を持った人が多くいられると思います。このような文化祭で発表・展示していただき、披露して欲しいと思います。地域に眠っている宝を見つけ出すチャンスです。

S_033

S_032

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »