« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月31日 (火)

貴船祭り

 28日、真鶴で貴船まつり県西地域首長懇話会に行きました。懇話会後、国指定重要無形民俗文化財の貴船まつりを見学しました。

 広島県厳島神社の「管絃祭」、真鶴貴船神社の「貴船まつり」、宮城県塩竈神社の「塩竈みなと祭」を「日本三大船祭り」と呼ばれています。

 神輿が神社から海を渡って村里にお出ましになる船まつりです。神輿と一緒に船に載せていただき、真鶴港を飾り付けがされた囃子船と小早船(こばやぶね)に曳航されて、貴船神社のある宮前までいきました。

 女性は乗れない、左足から乗るなど決まりがありました。見学は出来ても体験できるものではありません。伝統あるお祭りを経験させていただきありがとうございます。

S_019

S_027

S_011

2012年7月30日 (月)

体育大会

 29日、第61回足柄上郡体育大会の開会式及び選手激励、報告会がありました。11種目による町対抗です。開成町は総合で2位でした。素晴らしい成績です。

 バスケットボール優勝、ソフトボール男子優勝、バレーボール女子優勝、野球準優勝、ソフトテニス準優勝、卓球準優勝、バレーボール男子準優勝です。

 来年は優勝を目指すのみです。そのためには、柔道のエントリーが必要です。最低3人の選手を見つけなければなりません。開成町在住で募集します。

S_034

2012年7月26日 (木)

消防大会

 第48回神奈川県消防操法大会が行われました。競技は、ポンプ車操法と小型ポンプ操法があります。2年に1回です。さらに足柄上郡5町で2町の出場。町の中の分団での順番を考えると、各分団に回ってくるのは、20年から30年に1度です。

 開成町は、第4分団が小型ポンプ操法競技に出場しました。1年前から足柄消防や他分団の支援を得て訓練準備をしてきました。絶対的自信を持って臨みましたが、想定外のハプニングが起きてしまいました。審番員のミスにより、準備が整っていない中でのスタートとなってしまいました。

 事前訓練が十分されていたからこそ、このようななかでも冷静に演技を最後まで出来たことは、素晴らしいことだと思います。近年開成町では、自然相手の水害の危険性が高まっていることを考えると、常に冷静な判断と正しい決断が必要となって来ます。

 消防団の皆さん、宜しくお願いします。なお、南足柄市の消防団が2年連続優勝を果たしました。見事です。おめでとうございます。

S_032_2

S_037

2012年7月25日 (水)

環境・防災フェア―

 21日「未来に残そう!安心して暮らせるまち かいせい」をスローガンに、開成南小学校で環境防災フェアーを開催しました。

 開成町の将来像を「明るい未来に向けて人と自然が輝くまち・開成」とし、いつまでも住み続けたいと思えるまちづくりを基本姿勢に、今後12年間の計画を作成中です。

 人口も2万人弱まで伸びていく予測を立てています。それに合わせてゴミの量も増えて行ってしまいます。処理場を持たない町として、ごみの量を減らしていかなければなりません。

 「生ごみ0(ゼロ)」を目指して、実証実験をしています。全町民のご協力が必要です。

 防災は、来年3月31日から足柄消防が小田原消防になります。防災力が強化されることのアピールをしました。小田原市消防の最新車両の展示や起震車による震度体験など知っていただくことが出来ました。

 つぎは9月2日の地震を想定した防災訓練を実施します。積極的参加をお願いします。

S_014

S_011

2012年7月10日 (火)

ジャグリング

 9日、開成幼稚園の夏祭りに行きました。保護者の皆さんが、子どもたちの喜ぶ顔をみたくて、イベントやゲームが考えられていました。女の子は浴衣、男の子は甚平を来ている子が多かったです。その姿がお祭りを盛り上げています。

 湘南高校ジャグリング同好会から3人の高校生が素晴らしい演技を見せてくれました。ジャグリングとは、凄いことをする事だそうです。その「凄いこと」の中に、ボーリングのような棒を投げたり、ボール(お手玉)を投げたり、コマを回して飛ばす、などがあります。

 発表する場が欲しいということです。子どたちだけでなく大人にも好評でした。うまくいかないところがまた、声援をしようという気にさせていました。あじさい祭りでも近隣の高校生のバンド、演奏が人気でした。素人の持つ力はばかになりません。活躍する場を作ってあげたいと思います。

S_009

S_008

2012年7月 9日 (月)

あじさい剪定

 7日、あじさいの花の剪定及び枝抜きが行われました。450人を超える方々がボランティアで手伝っていただきました。ありがとうございます。

 今年は花の開花時期と祭り期間がぴったり合いました。そして、たくさんの個人団体の皆さんのご協力により、9日間で21万人を超えるお客さんに来てもらうことが出来ました。

 将来に向けて、あじさいの花の増殖をして行きたいと思います。「あじさいキーパー」協力者を募集します。

 あじさいの里の花を増やしていく運動です。剪定された挿し木から約3年かけて育てていただき、そのあじさいの花を町の植栽工事や植裁イベント時に、自分で育てたあじさいを自分であじさいの里に植えてみてはどうでしょうか。

 あなたが育てたあじさいが、綺麗な花をつけて、皆さんを出迎えてくれます。ご協力お願い致します。

S_006

2012年7月 5日 (木)

七夕飾り

 瀬戸屋敷の七夕まつりが、小田原ケーブルテレビで取り上げられていました。瀬戸屋敷で年中行事を開催している瀬戸屋敷倶楽部の遠藤会長が、催し物の見どころを説明していました。最終日の8日(日)は、開成竹絲の会による箏・尺八演奏があります。この屋敷の風情にぴったりです。

 今日は若いお母さんたちが、グループで子どもを連れて来ていました。短冊に願い事を書いて飾ってもらいました。良い1年になると思います。願い事のある方は、是非、瀬戸屋敷に来て短冊に書いてみてはいかがでしょうか。

S_003

S_001

2012年7月 3日 (火)

社会を明るくする運動

 2日、社会を明るくする運動のキャンペーンを、開成駅西口とマックスバリュー開成店で行いました。保護司と更生保護女性会の皆さんに加え、吉田島総合高校の先生と生徒5人も参加をしてくれました。ひまわりの種を配りました。

 吉田島総合高校の皆さんには、ひまわりの苗を育ててもらっています。町内の各学校にひまわりの花を植える予定です。ひまわりは、社会を明るくする運動のシンボルです。

 町中にヒマワリの花を咲かせ、明るい元気な開成町にして行きましょう。

2012年7月 2日 (月)

あじさい講座

 上島自治会であじさい講座が行われました。開成町の上下水道について、町職員が自治会まで出向いて説明をしました。小学生からお年寄りまで参加し、自治会館はいっぱいでした。

 開成町の水がおいしい理由、どこに、いくつ水源地や浄水場があるのか、災害時でも十分な飲料水があること、下水道普及率が64%であることなどパワーポイントを使って、説明がされました。

 上下水道課では、まだ2回目の出前講座です。職員にとっては、自分たちのしている仕事を町民の皆さんに知っていただくことは大変重要なことです。分かりやすく説明するための準備、知識が必要です。勉強にもなります。どんどん使って下さい。

 平成24年度の生涯学習「あじさい講座」メニューは38講座です。健康・福祉・防災環境など様々です。教育総務課にお問い合わせください。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »