« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

2012年3月30日 (金)

サインアート

 あじさいの里にサインアート作品が設置されました。岡野のあじさい通りを含め9カ所です。県ASHIGARAWoodーART事業で山北のNPO法人ウッドボイスがチェーンソーを使って作ってくれました。

 瀬戸屋敷には以前から犬・鳥・ヤギなどが飾られています。本物と見間違うほどです。子供たちに人気があります。標識も木のぬくもりが感じられますし、間伐材を利用し芸術作品に仕上っています。

 開成町の公園すべてにサインアートを設置したいものです。

S_021

S_022

2012年3月27日 (火)

満開の桜

 遅れていた桜が一気に咲き始めました。松田山の桜が満開ということが、連日テレビの天気予報やニュースで取り上げられています。効果は物凄いものです。人人人です。

 開成町のあじさい祭りは、6月9日から17日に決まりました。25回という記念の年です。記念イベントを盛りだくさん予定しています。松田のハーブ祭りと千津島のハナアオイ祭りとの連携も強化していきます。多くのお客さんが足柄平野に来ていただけるよう宣伝にも力を入れて行きます。

 千津島「菜の花・春めきまつり」と怒田の「一の堰ハラネ春めき桜まつり」に出かけました。南足柄の花の名所として親しまれている狩川の「春木径奉仕会」栗田会長も見えられていました。

 平成13年に富士フィルム足柄工場の創設に尽力された名誉市民の故春木榮さんをしのび、狩川土手に春めき桜を植えたそうです。今では170本を超えています。ここから市内各所で桜の花の名所が広がっています。

 各町花を使っての町おこしが活発です。地区の連携、町の連携、人の連携、連携を張り巡らせていきます。

S_024

S_019

2012年3月15日 (木)

絵の中に町長が

 11日、ASIGARAアートフェスティバルが最終日を迎えました。1か月にわたって、各町で活動するアーティスト、工芸作家やアートが好きな市民によって様々な事業が行われて来ました。

 2週間前に「そうせい カフェ」にお伺いした時に、今描いている絵はここに来た人(動物他)を描き入れていて変化して行くという話しでした。面白いことを考えるものだなあと思っていました。今日来てみると、ひなまつり用のピンクの法被を着た町長が書き加えられていました。花坂爺さんのようです。どんな作品に仕上げるのでしょうか?

 座間市の美術作家”横井山 泰”さんの作品です。

 この「そうせいカフェ」。芸術の拠点として継続していくことに皆さん前向きです。町も支援して行きたいと思います。

S_028

S_027

 

2012年3月14日 (水)

浸水対応避難訓練

 東日本大震災から1年が経ちます。地震による津波が大きな被害をもたらしました。開成町では、酒匂川の増水による被害が懸念されています。水害対策をしておかなければなりません。

 浸水被害の発生が予想されるときに、町の出す避難情報に対し住民がその内容を理解し、その際に適切な行動を取れるようにするために、浸水対応避難訓練を実施しました。

 町から出される避難情報は、「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の3段階があります。これらの重要情報を、全住民に伝えるための手段として、従来の防災行政無線のほかに、NTTドコモによる「エリアメール」と神奈川テレビ(TVK)による文字情報を導入しました。

 全世帯へのアンケートにより、この確認が出来たかさらに、回収率により訓練への関心の度合いが判断できると思います。分析をし今後の防災対策へ活かしていきます。

 24年度には台風など荒天時の防災無線の難聴対策として、音声応答装置を設け、テレホンサービスで内容を確認できるシステムを導入出来るよう議会提案しています。

 新年度は、災害に対して万全の態勢を作っていきたいと考えています。

 昨年知事との懇談会で要望した酒匂川十文字橋の上流について、浚渫工事が始まりました。工期は5月末です。三保ダムについても24年度予算で、丹沢湖の堆積土砂や流芥の除去、周辺の崩落防止工事などで約3億5千万円、新規で三保ダム現況診断、地震計更新事業として約9千7百万円がつきました。

 4月から土木事務所が今まで以上に充実していくと思います。住民の皆さんの安心安全のために、さらなる河川整備の充実を県に訴えて行きます。

 S_020

S_024

2012年3月13日 (火)

開成駅滞留者誘導訓練

 11日、開成駅滞留者(帰宅困難者)一時滞在所誘導訓練を実施しました。開成駅より徒歩5分とかからないパナック工業(株)開成工場のご協力により、初めて民間事業所・鉄道事業所・行政の合同訓練が実現できました。

 小田原駅長自ら訓練に参加してくれました。乗客の皆さんがどのような場所で一時滞在するかを知ることは大変重要です。建物の4階の食堂、広く安全で安心できる所と理解してもらえたと思います。

 出来るだけ早い時期に、パナック工業・小田急・開成町の3者で災害協定を締結して行きたいと思います。

S_021

S_022

2012年3月12日 (月)

文命中学校卒業式

 9日、文命中学校の第65回卒業証書授与式が行われました。男子94名、女子72名 計166名の卒業生です。

 前日に隣の吉田島総合高校の生徒たちが来てくださり、1・2年生と一緒に花を使って見事な飾り付けをしました。この花の醸し出す空気によって、落ち着いた雰囲気で卒業式を執り行うことが出来たと思います。花の力の偉大さを感じました。

 運動では、砲丸投げで全国大会出場。文化活動では、読書感想文全国コンクール入選と多くの活躍がありました。可能性は全ての皆にあること。可能性の花を咲かせて欲しいこと。花の種類も咲く時期も違うので人と比べる必要のないこと。自分だけの花を咲かせて欲しいこと。だだし、花を咲かせるために「努力」を惜しまないでくださいとお願いしました。

 最後に「世界に一つだけの花」で有名なSMAPのリーダー中居君の言葉を贈りました。

 「努力しても成功するとは限らない でも 成長は約束されている」

 常に芸能界の第一線で活躍しています。しかし、その裏には目に見えないけれど、どれだけの努力をしているのか、この言葉から分かります。

 新しい道でそれぞれの花を咲かせて下さい。信じています。

 

2012年3月 6日 (火)

3月議会

 今日から平成24年第1回議会定例会3月会議が始まります。6日から16日までです。議長を除く11人全員が一般質問をします。活発です。 

 この議会で、24年度の予算を提案します。町民生活に関わる課題に対する的確な対応と町民サービスの質の向上、将来のまちの発展を担う大規模事業への積極的投資を両立させたバランス重視の予算編成としました。

 昨年9月は決算特別委員会を設置し審議しました。この議会も議会改革の一環として、予算特別委員会で審議します。是非、傍聴に来て下さい。

2012年3月 5日 (月)

チェンソーアート大会

 4日、第1回神奈川チェンソーアート競技大会が、足柄上合同庁舎グランドで開かれました。清水国明氏も来てトークショー、チェンソーアート実演をしてくれました。

 競技参加者は23名で、三重県、滋賀県、大阪府、千葉県、栃木県など遠方からの参加者を考えると実質全国大会でした。カナダ大会での優勝者も参加しています。

 チェーンソーを使っての制作過程を見ることができて、来場者の皆さんも興味津々でした。神奈川の水源林を山北町が守っています。ウッドアート事業は、山北町のNPO法人ウッドボイスが主体となって運営しています。第2回は丹沢湖や三保小学校の校庭での開催を望みます。

 チェンソーアートは、間伐材の活用で地域資源に新たな芸術という価値が加わり、足柄地域の活性化につながる事業になったと思います。第2回が楽しみです。

S008

S006

S005

S004

 

2012年3月 2日 (金)

 町長室へと「道」という書をいただきました。

 普通の筆ではなく竹を使って書かれるそうです。書いているところの写真も取っていいただきました。

 竹峰流師範 望月秋羅先生です。真鶴町にアトリエ 展望画廊喫茶 望月秋羅の店をもち、お住まいは南足柄市です。

「道」という文字です。これから開成町が進む「道」は、「和」を大切にしていきます。三つの意味があります。一つは町民の皆さんとの「和」、二つ目は職員との「和」、三つ目は近隣市町村との連携のための「和」です。この「和」をもって町政運営をしていきます。

 平成25年度から12年間の進む道。第5次開成町総合計画の骨子案が出来ました。「明るい未来に向けて人と自然が輝くまち・開成」を将来都市像と考えます。この実現のための基本姿勢は「いつまでも住み続けたいと思えるまちづくり」で進めて行きます。

 この骨子案をもとに、議会、町民の皆さんをはじめ多くの関係団体のご意見を聞きながら計画を作っていきます。

S_008

2012年3月 1日 (木)

 29日朝から大雪。町内業者にお願いし重機で道路の除雪。役場前が坂になっているため、職員自ら消火栓を使って放水による雪の除去。幼稚園は休園。災害時と同様の事態でした。

 昼前には雪もやみホッと一安心。ひなまつり会場の瀬戸屋敷は?東京、千葉から団体バスが来ていました。早速雪だるまを作ってのお迎え。このようななか来ていただいて「ありがとう ございます」という意味を込めて、来場者に甘酒を無料サービス。臨機応変な対応素晴らしいことです。必ず来年へとつながると思います。

S_002

S_001

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »