« 神奈川県町村会研修 | トップページ | 文化祭 »

2011年11月 7日 (月)

かいせい文化祭

 第41回かいせい文化祭が始まりました。まずは、福祉会館多目的ホールで芸能発表の部です。酒田保育園こども太鼓からゴメンズスマンズのチャリティーコンサートまで、25団体の演目をすべて見させていただきました。

 驚きの連続です。この姉妹は?酒田保育園の先生たちも太鼓するの?謡曲って?これが子供たちのHipHopダンス?一人で何種目も出演している方もいられました。その若さと実行力には驚かされました。すべての出演者の表情の素晴らしいこと。練習している成果を発表する場所の確保が大事なことと感じました。

 最後は、開成南小学校の校歌を作り歌っている「ゴメンズスマンズ」による東日本大震災被災地復興支援チャリティーコンサートです。若者のパワーあふれる歌声。みんなの思いは東北まで届いたと思います。募金活動にもご協力いただきありがとうございました。小学校の校歌を日本一にするためにも、みんなで応援していきましょう。

 来週の12日(土)13日(日)は展示発表会です。町チラシには間に合いませんでしたので、載っていませんが、町民センター2階入り口に特別展示を致します。それはパレットガーデンの笹竹利行さんの作品です。10月22日に文化庁映画賞を受賞しました。映画功労部門で分野は映画美術文字デザインです。

 胃腸薬「太田胃散」のCMで、藍地ののれんに「太田胃散」の立派な文字がみえます。のれんがあがると、着物姿の高島礼子さんが出てくるCMです。有名ですのでみなさん見たことがあると思います。この文字を書いたのが笹竹さんです。

 字書きとは、映画美術文字デザインといって、タイトルをはじめ看板や標識など様々な文字を書く仕事だそうです。

 黒澤明監督の「天国と地獄」をはじめ、「ALWAYS 三丁目の夕日」「武士の一分」などがあるそうで、来週の展示が楽しみです。  

« 神奈川県町村会研修 | トップページ | 文化祭 »

文化・芸術」カテゴリの記事