« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月30日 (水)

町民ワークショップ提言

 平成25年度から37年度までの12年間の第5次総合計画を作成中です。「あじさいのまち開成自治基本条例」において、総合計画の策定に当たって町民の皆さんの参加をいただき、その内容を尊重することがうたわれています。

 公募による26名のワークショップのメンバーが、10回の会議を開催し提言書がきょう提出されました。

 開成町は、自然が豊かで暮らしやすいということが最大の特徴です。今後の町づくりに於いては、大切にしてきた水、緑、花などの自然を大切に守り育て、また、心身の健康はもちろんのこと、隣近所の人たちとの信頼関係や支え合う力、すなわち「絆」で結ばれた町民一人ひとりが、生き生きと輝ける町づくりを目指します。

 将来像は、「明るい未来に向けて人と自然が輝くまち・開成」で、町民と行政が一緒になって町づくりを進めることを提言されました。

 更に5つの分科会では具体的提言です。「教育・協働・文化・スポーツ」「保健福祉・子ども」「社会基盤整備」「環境・安全安心」「産業」についてです。参考にして行きます。

 今後、議会や関係団体の皆さんのご意見を伺いながら開成町の将来を描き、それを実現して行くための具体的施策をまとめて行きたいと考えています。

2011年11月29日 (火)

まちづくり町民集会

 「平成23年度まちづくり町民集会」を町民センターと福祉会館を使って4回実施しました。。町長になって7カ月、初めて町民の皆さんとの意見交換ができる場が出来ました。

 たくさんのご意見をいただきました。ありがとうございます。消防団、自治会防災部の経験者からの提案、放射能の問題は?子ども会の加入は?耕作放棄地は?三保ダムは?津波は?

 来年度はさらにきめ細かく各自治会に出向いて行きたいと思います。

Sdsc_7124_2

 任期4年間で取り組む政策と其の優先順位を示し、確実に実施して行くためにマニフェストを作成しました。主題は「東日本大震災から考える開成町の防災対策について」ですが、初めに、マニフェストの概略をお話ししました。

 町ホームページの町長の部屋にマニフェスト・所信表明が載っていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

 次に、実際被災地に支援に行ってきた職員からの生の報告です。これからも石巻市に職員派遣をして行きたいと考えています。

 私が被災地に行って気付いたことは、避難所など現場で役場職員を見かけずボランティアの方が多くいられました。別の町ですが、大鎚町では町長が亡くなり役場自体も壊滅してしまったこと、陸前高田市でも教育長をはじめ役場職員の25%が亡くなってしまうなど、行政も被害者になってしまうということです。役場機能をいかに維持するかです。役場庁舎の安全性の問題も課題です。

 開成町の瓦礫の置き場はどこに?仮設住宅の場所は?自衛隊の受け入れ場所は?救援物資の受け入れ対応は?防災拠点の役場の耐震性の問題?友好姉妹都市の確保?決めておかなければいけないことや早急な対策が山ほどあります。

 近年台風による酒匂川の増水被害が出ています。今後重点的に取り組んで行く対策は「水害対策」です。去年今年の現況状況をお示ししました。今年の台風時、小田原市では10万人に避難勧告が出されました。開成町では出しませんでした。開成町が避難情報を出した場合、皆さんがどのように行動をしなければいけないかをきちんと知っていただけるよう訓練をしておく必要があります。

 来年3月11日に開成町で初めて「浸水対応避難訓練」を実施します。避難情報が確実に皆さんに伝わるようにしなければなりません。緊急避難場所の確保(民間企業との災害協定)も重要です。NTTドコモのエリアメール・テレビを使っての文字情報サービス・電話による音声自動応答サービスなどを情報手段の多様化を図っていきます。

Sdsc_7148 

2011年11月28日 (月)

開成南小学校課外授業

 25日、開成南小学校4年生の社会科で課外授業が行われました。

 酒匂川の歴史を学ぶため祖師堂(そしどう)、九十間土手(くじっけん)、治水碑、水防具、かすみ提の見学です。 足柄歴史再発見クラブの大脇代表、佐久間会長、大井事務局長の3名が3クラスを担当していただきました。

 私も九十間土手の最南端で、20分の講義をさせてもらいました。土手が切れている訳は?土手と土手の間の役目は?73年前この土手がどのくらい壊れたか?去年の台風でどこまで水が入ってきたかが分かる写真を見せながら、話しをしました。来年3月11日に浸水避難訓練を開成町で初めて行うことの話もしました。

 みんな元気良く楽しそうに勉強をしていました。学校から出て、現場に行って、自分の目で見て、説明を受ける授業は大変貴重なことです。それも開成町の歴史を学ぶことによって、町の未来を考える重要な手掛かりになります。

 子供たちを教室から連れ出すお手伝いをしていただける歴史再発見クラブの皆さん、ありがとうございます。これからの継続してお願いします。

 

Sdsc_7162_2

2011年11月19日 (土)

環境フェア

 第2回環境フェアの前に、足柄大橋下で落書き落としを行いました。中学生、自治会役員他多くの皆さんのご協力をいただき綺麗になりました。ありがとうございます。

 幼稚園の運動会でも中学生が競技のお手伝いに来てくれました。中学生の活躍を色々なところで目にします。吉田島総合高校の生徒の皆さんには、駅前花壇をはじめ各学校施設において、花の植え替え・維持管理のご協力をしていただいています。吉田島総合高校の文化祭にお伺いした時に校長先生から、「いままでは植え替えだけで終わっていたのが、各学校の生徒たちに植え方や管理の仕方を教えるところまで、変わってきている」という話しがありました。子供たちとの繋がりを深め継続性を大事にしているとのことでした。

 幼稚園、小学校の時から花を通して、子供たちの心を育てていくことで、きれいな町開成につながっていくと思います。吉田島総合高校との連携をさらに深めて行きます。

Blog0774  吉田島総合高校のよるソーラーによる花時計です。

Blog0773

2011年11月18日 (金)

ベリーダンス

 瀬戸屋敷でベリーダンスとマリンバのコラボがありました。始めて見る踊りと音楽。お互い蔵の雰囲気にぴったり合っていました。当日初めて会ったグループ同士なのに一緒に出来てしまうレベルの高さ。

 初めての出会いなのに不思議な縁がありました。マリンバはメンバーの中に山北の方の申し込みです。ベリーダンスも東京から来ましたが紹介は山北の方です。それも同じ地区の岸でした。この出会いを大切にしてもらいたいと思います。きっとこの後また、音楽とダンスのコラボがどこかで実現して行く気がします。

 瀬戸屋敷が出来て、母屋や蔵を使って作品の展示、講演会、音楽会など様々な催しが行われて来ました。こちらからお願いしてではなく、この雰囲気の中で演奏したいとか作品を飾ってみたいと言う申し込みが多々あると聞いています。今回もそうです。

 瀬戸屋敷では、多くの町民の皆さんに見ていただきたい事業が沢山あります。瀬戸屋敷で行われる事業内容の情報提供をきめ細かくして、出来るだけ多くの皆さんにすばらしい作品を見ていただき、また、すばらしい演奏を聞いていただきたいと思います。

Blog0770

Blog0771

2011年11月17日 (木)

パークゴルフ全国大会

 パークゴルフ全国大会が、水辺スポーツ公園で開催されました。北海道から愛知県まで総勢300人を超えています。昨年は男子の優勝が中井町、女子は千葉県の方でした。

 昨年の台風9号の影響でパークゴルフ場が流され、多くの方々のご協力で、1年かかりましたが復旧することが出来ました。ありがとうございます。

 かつて全国にパークゴルフネットワーク会議があり交流をしていましたが、各町合併が進み残っているのは北海道の幕別町だけです。幕別町とは中学生どうしの交流をしていました。今回の東日本大震災から、姉妹都市や友好都市を確保しておく必要性を感じました。東日本と西日本に。

 過去の経過もありますので、もう一度北海道幕別町との友好関係を創り中学生の交流を再開できればと思います。中学生にとっても広い北海道の自然を体験しておくことは貴重な財産となります。

Blog0775

2011年11月16日 (水)

保護司・更生保護女性会研修会

 保護司・更生保護女性会の皆さんと共に、実際の裁判を観に横浜地方裁判所に行きました。裁判員制度により、6人の裁判員と3人の裁判官による刑事裁判です。傍聴は誰でもどの法廷でも自由に出入りできます。

 この日は証拠調べでした。法廷内全ての人が見えるモニターがあり、一つ一つ丁寧に映像を使って説明しています。傍聴席は被害者の家族か被告人の家族の方かわかりませんので、同じ空間にいる緊張感がありました。

 裁判員に選ばれる確率は、約5900人に一人だそうです。もし自分が選べれてしまったらと考えると気が重くなります。選ればれると言うより当たってしまうということです。その管内の市町村の選挙管理委員会がくじで選んで作成した名簿がもとですので。

 裁判員に選ばれる前は、やりたくないという気持ちが55%でした。それが裁判員として裁判に参加した後では、良い経験と感じた人が96%だそうです。驚きです。しかし考えてみると自治会の役員のことでも同じでした。

 初めてのことには誰でも不安を感じて、自分からはなかなかできないと思います。しかし、人に言われてでも誘われてでも、どういうきっかけであっても、やってみた後の充実感は、喜びに変わると言うこととではないでしょうか。

Blog0737

2011年11月15日 (火)

1000人鍋

 山北のもみじ祭りを早めに切り上げ、開成町に戻って来ました。弥一芋を使った千人鍋を食べたくてです。皮をむくと溶けてしまうので皮ごと煮たそうです。柔らかく粘りがあって大変おいしいお芋でした。開成町のどのお店でもこの弥一芋を食べられるようになって欲しいと思います。町の特産品になります。

 来年春には弥一芋を使った焼酎も出来上がります。お酒は止めましたので、贈答用につかい開成町を宣伝したいと思います。

 山北のもみじ祭りは一鍋に10人で100鍋ありますので1000人です。開成町は大鍋に1000人分です。もみじ祭りが盛り上がっていましたが、開成も1000人鍋のイベントがあるので先に失礼しますと言ったところ、他の組長さんから、「山北が1000人なら開成は2000人にしないと注目されないよと」指摘されました。

 確かに。PRの仕方は大事です。もみじ祭りには各局のテレビ局が取材に来ていました。夕方のニュースで開成町の方がアップで登場しました。問い合わせが沢山来たそうです。テレビの力は大きいです。テレビ局を呼べるPRの仕方を研究します。

Blog0743

Blog0736

2011年11月14日 (月)

文化祭

 文化祭展示の一部と郷土芸能を見ることができませんでした。山北の西丹沢もみじ祭り、吉田島総合高校の文化祭、秋の玉手箱、瀬戸屋敷行事、パークゴルフ全国大会、落書き落とし、環境フェアなど、様々な行事が重なってしまいました。

 一つ一つの事業をゆっくり楽しんでもらうためにも、日にちが重ならないよう来年は調整していく必要があると思います。

 文化庁映画賞を受賞した笹竹さんの作品を見させていただきました。普段何気なく見ている映画の中に出てくる文字、テレビCMの文字。筆だけではなく横文字、レタリングなど多種多様の題材、びっくりです。このような方が、住まいとして開成町を選んでいただいたことは大変ありがたいことですし。今まで進めてきた歴代政策の成果だと思います。

 住んでみたい開成町を目指していきます。

 

Blog0740

Blog0741

2011年11月 7日 (月)

かいせい文化祭

 第41回かいせい文化祭が始まりました。まずは、福祉会館多目的ホールで芸能発表の部です。酒田保育園こども太鼓からゴメンズスマンズのチャリティーコンサートまで、25団体の演目をすべて見させていただきました。

 驚きの連続です。この姉妹は?酒田保育園の先生たちも太鼓するの?謡曲って?これが子供たちのHipHopダンス?一人で何種目も出演している方もいられました。その若さと実行力には驚かされました。すべての出演者の表情の素晴らしいこと。練習している成果を発表する場所の確保が大事なことと感じました。

 最後は、開成南小学校の校歌を作り歌っている「ゴメンズスマンズ」による東日本大震災被災地復興支援チャリティーコンサートです。若者のパワーあふれる歌声。みんなの思いは東北まで届いたと思います。募金活動にもご協力いただきありがとうございました。小学校の校歌を日本一にするためにも、みんなで応援していきましょう。

 来週の12日(土)13日(日)は展示発表会です。町チラシには間に合いませんでしたので、載っていませんが、町民センター2階入り口に特別展示を致します。それはパレットガーデンの笹竹利行さんの作品です。10月22日に文化庁映画賞を受賞しました。映画功労部門で分野は映画美術文字デザインです。

 胃腸薬「太田胃散」のCMで、藍地ののれんに「太田胃散」の立派な文字がみえます。のれんがあがると、着物姿の高島礼子さんが出てくるCMです。有名ですのでみなさん見たことがあると思います。この文字を書いたのが笹竹さんです。

 字書きとは、映画美術文字デザインといって、タイトルをはじめ看板や標識など様々な文字を書く仕事だそうです。

 黒澤明監督の「天国と地獄」をはじめ、「ALWAYS 三丁目の夕日」「武士の一分」などがあるそうで、来週の展示が楽しみです。  

2011年11月 4日 (金)

神奈川県町村会研修

 神奈川県町村会(14町村)の研修会で奈良に行きました。「奈良県における市町村システム共同化の取り組み」についてです。場所は、マスコットの「せんとくん」が入り口で迎えてくれる奈良県庁です。

 奈良県の基本情報を詳しくは知りませんでした。人口は約140万人で全国29位。面積は広いイメージを持っていましたが、全国40位。77%が森林で住める面積では全国47位でした。驚きです。マスコットキャラクターの「せんとくん」は有名です。昨年の平城遷都1300年祭を盛り上げた立役者です。

 神奈川県のマスコットは何でしょう?開成町は、あじさいちゃんとしいがしくんです。町のイメージを象徴する大事な宣伝キャラクターです。大事にして行きます。 

Dscf0697

 奈良県庁の周辺だけで世界遺産登録が5か所です。春日山原始林、春日大社、東大寺、元興寺、興福寺です。

 大井の間宮町長のご紹介で、興福寺貫首の講話を聞かせてていただきました。さらに、中金堂(ちゅうこんどう)の建設現場を見学させていただきました。

 昨年興福寺は創建1300年を迎えました。平城遷都1300年と同じ年です。8年かけ平成30年完成を目指し中金堂の建設が進められています。中の写真は公開してはいけないとのことです。8年後に完成した中金堂を観にきたいものです。

Dscf0709

2011年11月 1日 (火)

福祉大会

 社会福祉大会で、日ごろ福祉活動に貢献していただいている個人・団体の表彰がありました。本当にありがとうございます。行政では目の届かないところがあります。そこをぜひ補ってほしいと思います。これからもよろしくお願いします。

 また、福祉作文の朗読もありました。「福祉とは」、「ボランティアとは」と一生懸命考えて、自分なりの答えを出していました。考えることは大事なことです。それとともに、学校から出て自分で体感したことから何かを、感じ取ってほしいと思います。福祉とかボランティアとか、言葉で考える必要のない町。当たり前に、人に喜んでもらえる言葉を発せられる町。

 毎月1日と15日に、多くの皆さんが朝のあいさつ運動に参加しています。このような実践活動が大事だと思います。無理なく続けていけます。町全体に広めていきましょう。

Dscf0691

 酒田保育園児による太鼓演奏。子どもの持つ力の大きさを感じます。大人に力を与えることができるから、子供は宝といわれるのでしょう。町の宝です。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »