« 足柄上地区婦人団体 | トップページ | 酒匂川診断フィールドワーク »

2011年10月 1日 (土)

ミニ水力発電

 東日本大震災によって、福島原発の放射能の影響が、約300キロ離れた足柄地域にも課題を投げかけられました。目に見えない不安、大変な問題です。これからは原子力発電から自然エネルギーへと転換が進んで行かざるをえないと思われます。

 神奈川県は、太陽光発電に重点を置いて普及を図っています。各自治体も自分たちの地域は、自分たちで電力を賄ってい行かなければならない時代に突入です。開成町での発電の可能性は何でしょうか。豊かな水流を活かしたミニ水力発電はどうでしょうか。

  Dscf0504

 5月に山梨県都留市の水力発電施設「元気くん1号」の見学に行きました。予想より規模が大きいものでした。

 開成町に見合った実験的モデルとなるミニ水力発電装置の設置を考えて行きたいと思います。

 瀬戸屋敷を核に、開成町特有のホタルを守るためのホタル公園、水車を利用したミニ水力発電、農産物の直売など北部地域全体の活性化を総合計画に盛り込んで行きます。

Dscf0505

« 足柄上地区婦人団体 | トップページ | 酒匂川診断フィールドワーク »

環境」カテゴリの記事