« 部屋の配置換え | トップページ | 阿波おどり »

2011年9月12日 (月)

十五夜は9月12日

 瀬戸屋敷の十五夜行事を見に行きました。

 お月見といえば十五夜ですが、十三夜、十日夜(とおかんや)があります。

 十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、どちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いこととしています。

 クイズです。十五夜っていつ?十五夜って満月?ちゅうしゅうのめいげつを漢字で書くと?

Dscf0519

 十五夜とは本来は満月のことですから、年に12回または13回めぐってきます。中でも旧暦の8月は1年で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになりました。

 旧暦を新暦に置き換え9月15日が十五夜と思われているようですが、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦にズレが生じます。今年は、9月12日です。

 Dscf0520

 十五夜は、満月とは限りません。月と地球の公転軌道の関係で新月から満月までの日数が2日ずれています。今年の十五夜は満月です。

 中秋の名月は、秋の真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。

 仲秋の名月は、8月の名月と言います。旧暦において秋とは7月・8月・9月をさし、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。

« 部屋の配置換え | トップページ | 阿波おどり »

文化・芸術」カテゴリの記事