« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

2011年9月30日 (金)

足柄上地区婦人団体

 足柄上地区婦人団体連絡会レクレーション大会が、福祉会館で行われました。今婦人会があるのは、開成町と山北町だけです。

Dscf0590

 開成町では、婦人会の存在は大きいものがあります。あじさい祭、阿波おどり、ひな祭り他町のイベントのほとんどを婦人会の皆さんのご協力があって運営できています。

Dscf0598

 ゲーム、踊り、歌など盛り沢山でした。競い合うゲームでは女性パワーの凄さを実感しました。鳥海教育長は、山北に長く関わっていたため、顔見知りの方が多く、声をかけられていました。開成と山北の親交をさらに高めることが出来たレクレーションでした。役員の皆さん、ありがとうございました。

2011年9月29日 (木)

ハーモニーの集い

 山北町中央公民館多目的ホールで、あしがら四季の会のよる第3回ハーモニーの集いがあり招かれました。

Dscf0584

 開成町の大鐘先生が、「銀のベル」「開成ベルハーモニー」を指導し、山北町の瀬戸先生(山北町議員)が山北の「コンフォーコ」松田の「レモングラス」を指導しているそうです。

Dscf0583

 会場の皆さんに、歌い方、声の出し方など大鐘先生自ら歌っていただきご指導いただきました。

 おなかから声を出すようにと言われながら思うようにいきません。やはり地道な努力・訓練が必要です。歌だけでなく話しをするときも、声の出し方は非常に大事なことです。普段から心がけて行きたいと思いました。

2011年9月28日 (水)

各自治会の敬老会

 各自治会の敬老会を見させていただきました。

 24日が岡野、上延沢、宮台、円中、25日が金井島、下延沢、榎本です。

 どの自治会も地域ぐるみで取り組んでいることが良く判りました。よく工夫され、地域性があり、みんなで楽しむことのできるプログラムでした。

 町・社協で実施した敬老会と自治会ごとにおこなわれた敬老会、どちらも非常に大切な事業です。

 町では全体の代表者の表彰式が主になります。しかし地域では、お互い顔の見える関係でお祝いをすることで、一人ひとりのきめ細かなところまで目が行きとどきます。

 これからも町と自治会との協働の運営関係を進めて行けるよう、自治会との関係を深めて行きたいと考えています。

Dscf0565

Dscf0566

Dscf0569

Dscf0570

Dscf0576

Dscf0578

Dscf0579

2011年9月27日 (火)

文命中学文化祭

 第38回文命中学校文化祭を見に行きました。

一番の目玉は、全学年14クラスによる合唱コンクールだと思います。やはり3年生の実力は違います。見事でした。経験と練習量の差ではないでしょうか。

Dscf0574

 文化祭のテーマが「感動の翼を広げよう~文命中の誇りを胸に~」です。テーマにそって全校生徒が「文命中の自慢できること」を書き、体育館に張り出してありました。

 「楽しい」「元気」という言葉が一番多く書かれていました。子供たちにとって一番大事な言葉(こころ)が上位のあり、うれしく思いました。

 次に「部活」が楽しい、活発、強いなどが多く載っていました。スポートを含め部活の支援・強化を図っていくことにより、心身の質を高めて行きたいと思います。

 

2011年9月26日 (月)

開成町敬老会

 開成町敬老会が開催されました。町では77歳・88歳・99歳・100歳の節目を迎えられた177名の方に、敬老祝金品の贈呈をしています。

 新たな試みとして、敬老祝金といっしょに開成小学校児童による「敬老お祝いひとことメッセージ」もお配りしました。

Dscf0544

 結婚60年のダイヤモンド婚を迎えられた3組のご夫婦、結婚50年の金婚式を迎えられた18組の方々をお迎えし、「記念写真とミニアルバム」を贈呈し、会場出席者全員でお祝いを申し上げました。

Dscf0547

 一緒に住んでいなくても、おじいちゃんやおばあちゃんのことを気にかけ、気遣っていることが良く判る、作文でした。これからも優しい人でいて下さい。

 最後は、開成幼稚園の園児による元気な歌によって、元気な力を皆さんいただきました。

 来年もお元気なお顔を見せて下さい。

2011年9月25日 (日)

千津島花紀行

 千津島の酔芙蓉まつりが17日から始まりました。開花が1週間ほど遅れているようです。

 あしがら花紀行千津島地区実行委員会の高橋会長さんと意見交換をしました。今年は震災の影響があって、あじさい祭りとハナアオイ祭との連携が出来なかったことを指摘されました。

 来年はあじさい祭が25年を迎えます。記念の年です。シャトルバス、チラシ、ポスター、旗を立てての誘導など、松田のハーブ祭りと千津島のハナアオイ祭りとしっかりと連携して、あしがら地域全体へ多くの観光客の獲得を目指したいと思います。

Dscf0551

2011年9月24日 (土)

県町村情報システム開始

 神奈川県町村情報システムのオープニングセレモニーが大井町で行われました。

 住民情報サービスとして46業務があります。住民記録、税、国保、年金、福祉等です。また、内部情報系として財務会計、電子決裁もあります。

 これらを県内14町村のシステムを共同化することにより、各町の経費が30%削減できます。また、国の法律が変わる度に、町により機種が違うため、町ごとに高いお金をかけてシステムを変更していました。

 開成町は10月に移行します。今後サーバーの管理が要らなくなるなど、維持管理費の軽減も図られます。

 災害対策も図られています。データーバックアップは中井町の湘南センターだけでなく、目黒センターなど遠隔地への保管もしていきます。

 この震災で町役場自体が無くなってしまった自治体もありました。そうなっても大丈夫な仕組みになっていきます。

2011年9月23日 (金)

山北町にパークゴルフ場

 山北町に新しくパークゴルフ場が10月1日にオープンします。場所は平山地区の旧山北高校があったところです。 眺めは最高です。

 開成町のパークゴルフ協会の役員の皆さんも試打会に来ていました。加瀬会長の感想は、バラコースに似ているそうです。

 Dscf0522

 足柄地域にまたひとつ個性のあるパークゴルフ場が出来たことは大変喜ばしいことです。

 足柄地域の各パークゴルフ場をネットワーク化すれば、最高の観光資源です。 パークゴルフツアーを開催し全国からお客を呼びましょう。

 足柄地域の地域おこしとして、チェーンソーアートの作品の展示を推し進めています。 ここにも作品が飾られています。開成町の合庁にも飾られています。

 豊富な題材をいかに活かしていくか楽しみです。

Dscf0525

2011年9月22日 (木)

日韓交流祭

 コリアンフェスティバルに行きました。場所は板橋にある西湘日韓親善協会、民団コミュニティセンター、小田原済州友好交流協会、神奈川県湘南西部支部がはいったビルの前の広場です。

Dscf0533

 開成町の婦人会の皆さんは、古くからお付き合いをしているとのことです。一緒に同行していただき大変心強かったです。

 町制50周年記念事業の時に開成町に来ているそうです。ロング手巻き寿司にも来られているそうです。

 国際交流を更に深めて行きたいと思います。

2011年9月21日 (水)

気功

 中国養生法あしがら教室17周年チャリティ福祉大会が、開成町福祉会館で行われました。

 気功を通して開成町民の健康増進を図っていただいています。ありがとうございます。

 気功クラブの方々の演技、中国音楽演奏(二胡、中国琵琶、楊琴、古箏)など多彩なプログラムでした。

Dscf0542

 中国京劇は三国志、西遊記、水滸伝などがあるようです。今回の演目は「孫悟空」でした。始めて生で見ました。コミカルでありながら曲芸も入った演技楽しかったです。

Dscf0538

 最後に小林実行委員長さんが、気功を習うと、このようなことができますよと教えてくれました。前かがみによる屈伸と手を背中まで回しているのを見せてくれました。

 誰もが気功を習いたいと思ったのではないでしょうか。是非、全自治会に気功を普及していただきたいと願っています。

2011年9月20日 (火)

上島敬老会

 土曜日、お天気を心配しながら、開成南小学校と開成小学校の運動会が行われました。雨の影響もあって一部の競技は水曜日に行われることになりました。

 運動会の種目に、阿波おどりとサイサイ節があります。一緒の踊りました。子供たちに教えているのは、阿波おどりが上島の井上さん、サイサイ節も上島の森田さんです。ありがとうございます。

 続いて、上島の敬老大会に出席しました。

Dscf0530

 芸達者な方ばかりです。婦人会の皆さんにより、歌あり踊りあり何でもありの盛り上がりでした。これだけ楽しく笑ってもらうための準備は大変だと思います。役員の皆様ご苦労様です。

 このように、地域全体が係わって事業をしていけるように、行政として今後もできる支援をして行きたいと思います。

Dscf0529

 中国の古箏の演奏家の横で、様々な衣装に着替えながら会場を盛り上げているのは、杉山さん(推定年齢80歳超)です。お身体に気お付けて、いつまでも元気でいて下さい。

 

2011年9月14日 (水)

敬老祝賀会

 パレットガーデンと下島の敬老会にお邪魔しました。

 パレットガーデンの祝賀会は、昔話の語り・ハンドベル・マジックショー・器楽演奏とキチンとプログラムが組まれていました。アンコールと来年もまた来てとの掛け声もあり、参加された皆さん大変喜ばれていました。

 会場は、共用棟でしたが人数から見て窮屈でした。来年には4番館ができます。自治会加入率を考えると、このようなイベントや総会が、余裕をもって出来る場所づくりの必要性を感じました。

Dscf0514

 下島では、自治会長を先頭に、福祉部、民生委員、母子推進委員さんなど多くの方が関わっていました。

 テーブルの上を見て驚きました。お祝いにピッタリのプログラム、名札、折りヅル、入れ物ケースなど綺麗に手作りでできていました。

Dscf0517

 小学生や中学生の参加もされていて、地域の一体感が感じられました。

Dscf0518

 町・社協が行う敬老会とは別に、このようなきめ細かな敬老祝賀会が各地域ごとに行われていることは、大変重要なことと思います。

 一人一人の顔を知っているからこそ、みんなで一生懸命知恵を出し合うことができます。だからこそ喜ばれる祝賀会ができるのではないでしょうか。準備をしていただいた皆さん、ありがとうございます。

2011年9月13日 (火)

阿波おどり

 第24回開成阿波おどりが開催されました。

 お天気に恵まれ、近隣市町からもたくさんのご来賓の方々をお迎えして、阿波おどりコンテストがスタートしました。19連が審査の対象です。

 来賓でありながら、蛯名県政総合センター所長自ら先頭に立って踊りに参加して盛り上げていただき、本当にありがとうございます。

Dscf0507

 今年から審査員のメンバーが変わりました。コンテストの賞を出していただいている団体の代表の方にお願いしました。

 井上開成商工振興会会長、宇都開成工場会会長、本間さがみ信用金庫開成支店長、尾形一燈会ザ・プライム所長、正井大塚食品総務課長の5人です。Dscf0509_2

 コンテスト審査結果です。

  • 最優秀賞(開成町商工振興会賞)・・大和笑星連(えぼし)
  • 優秀賞(開成町工場会賞)・・・・下延お喜楽連(おきらく)
  • 奨励賞(さがみ信用金庫賞)・・・相模原さがみ葵連(あおい)
  • 審査委員特別賞(開成町飲食店組合賞)・・宮台連
  •    :       ((株)明治ゴム化成賞)・・・風来連
  •    :       (日本製紙クレシア(株)賞)・・上島紫粋連
  •    :   (開成フォレスト・スプリングス賞)・・金井島浮世連
  •    :       (湯本富士屋ホテル賞)・・・下島連
  •    :       (大塚食品(株)賞)・・・上延沢連・円中連
  • 参加賞(オロナミンC)

 演技は7分間です。時間をオーバーすると1秒1点の減点があります。演技の点は良かったのに15点減点(15秒)などあったそうです。

 開成町の連が2位入賞したことは快挙です。来年の希望が見えてきました。

 来年は25回の記念の年です。今から準備です。皆さんからのアイデアを募集します。

2011年9月12日 (月)

十五夜は9月12日

 瀬戸屋敷の十五夜行事を見に行きました。

 お月見といえば十五夜ですが、十三夜、十日夜(とおかんや)があります。

 十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、どちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いこととしています。

 クイズです。十五夜っていつ?十五夜って満月?ちゅうしゅうのめいげつを漢字で書くと?

Dscf0519

 十五夜とは本来は満月のことですから、年に12回または13回めぐってきます。中でも旧暦の8月は1年で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになりました。

 旧暦を新暦に置き換え9月15日が十五夜と思われているようですが、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦にズレが生じます。今年は、9月12日です。

 Dscf0520

 十五夜は、満月とは限りません。月と地球の公転軌道の関係で新月から満月までの日数が2日ずれています。今年の十五夜は満月です。

 中秋の名月は、秋の真ん中の日を中秋といい、8月15日が中秋にあたります。

 仲秋の名月は、8月の名月と言います。旧暦において秋とは7月・8月・9月をさし、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋といいました。

2011年9月11日 (日)

部屋の配置換え

 町長就任から4カ月が過ぎました。発表したマニフェストの進行状況の点検を行いました。

 自治会への支援策、水害訓練をいつどのように実施するのか、小水力発電などのクリーンエネルギー導入の方向性などいくつもの課題が遅れています。 

Dscf0502

 副町長と今まで以上に、より密接に一体的に町政運営を進めていかなければいけません。 

 町長室と副町長室の間に応接室がありました。副町長室と応接室を入れ替え町長室の隣にしました。これにより町政運営をスピードアップして行きたいと思います。

 12月にも、マニフェストの点検をして行きます。

2011年9月 8日 (木)

9月議会

 平成23年第2回開成町議会定例会9月会議が、6日から16日までの日程で始まりました。8人の議員さんから一般質問をいただきました。

 災害に関する質問が半数を占めました。 防災体制の充実強化のために必要な提案を数多くいただきました。

 防災計画を策定するにあたって女性の視点からのきめ細かな想定の重要性、避難生活に係るトイレの問題・ペットの取扱い等の運営想定、避難情報や現況情報を確実に町民の皆さんに伝えて行くための方策など、事前調査もしっかりされていて具体的な提案でした。前向きに取り入れて行きます。

 直近の紀伊半島を襲った台風によるゲリラ豪雨。この被害状況をを目にした時に、酒匂川の水害対策、浸水訓練等をもっと早く進めていかなければと自戒しました。

 来年春には、浸水訓練を実施したいと考えています。

2011年9月 5日 (月)

汎侑会書展

 「創立40周年記念・汎侑会書展」を見学しました。小田原と開成町に教室があります。坪田栄悦 書道研汎侑会会長さんは、開成町在住です。Dscf0495

 文命中学校の生徒4人による作品です。4人で一文字ずつ一気に書いたそうです。

Dscf0496

 「瑞氣集門」です。おめでたい言葉で、「めでたい気が、その人の家に集まってくる」という意味だそうです。

Dscf0497

 「瑞」は、中野さん。「氣」は、板橋さん。「集」は、浦井さん。「門」は、加藤さんです。

Dscf0498

 力強い筆遣いの作品です。元気一杯な生徒たちだとすぐわかります。

Dscf0492

 開成町民の皆さんに見ていただける場所に、飾らしていただきたいと思います。

2011年9月 2日 (金)

最高齢者訪問

 町内最高齢者の方々を表敬訪問しました。男性は中家村の小野様で99歳です。女性は牛島の永田様で104歳です。しっかりとしています。お茶を飲むよう言葉をかけていただきました。煮豆が好きで、それを作るのは息子さんだそうです。

 4世代の家族。素晴らしい家庭です。いつまでもお元気で。

Nagata

 開成町の住民基本台帳人口は、8月末現在16,162人。65歳以上の高齢化率は、20.5%です。 90歳以上の方は、昨年109人でしたが今年は130人です。100歳以上の方は3人で女性です。女性の全国市町村別平均寿命では、87.7歳で開成町は全国10位です。

 皆さんが生きがいを持って、健康で長生きできる開成町を目指していきます。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »