« 神奈川県北西部少年野球親善大会 | トップページ | 刑務所の中の中学校 »

2011年8月23日 (火)

太陽光発電

 神奈川県町村会(13人)と議長会(14人)の合同研修がありました。

 場所は、山梨県北杜市です。明野村・須玉町・高根町・長坂町・大泉村・白州町・武川村・小淵沢町の8町村が合併して平成18年に「北杜市」が誕生しました。

 人口は約5万人で、面積は山梨県内最大で、開成町の約100倍です。

Dscf0425

 県立須玉商業高校の校舎を暫定庁舎として使っています。

 日照時間が日本一長いということもあって、大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究がおこなわれていました。

Dscf0427

 メガソーラーは、①世界初で国内最大級のパワーコンディショナ

          ②国内外9カ国から27種類の太陽電池

       ③環境に優れた先進的架台から構成される約2メガワットの大規模太陽光発電システムを構築・評価をしました。

Dscf0430

 5年間の実証実験が終わり、無償で施設を譲り受け「北杜サイト太陽光発電所」として開設しました。

 年間3千万円ほどの売電収入があるそうです。

 開成町の特性を活かした再生可能エネルギーとしては、豊かな河川を利用できればと思います。小水力発電の可能性について検討して行きたいと思います。

« 神奈川県北西部少年野球親善大会 | トップページ | 刑務所の中の中学校 »

環境」カテゴリの記事