« 暑気払い⑥⑦ | トップページ | 少年野球大会 »

2011年8月 1日 (月)

小田原市消防

 小田原市消防本部・消防署・消防団本部を見させていただきました。

 トイレ、シャワー、ベット等を備え長時間に渡る災害現場での活動を支援する「支援車」、「救助工作車」、30mまで伸びる「はしご付消防車」、「水槽付消防ポンプ車」など、最新装備の車両が配備されていました。

Dscf0309

 22ある消防分団は全て定員を確保し、728人です。やはり団員確保は難しいようです。

 開成町でも定員確保に力を入れて行きます。

 開成町の出初め式を見た課長から、お誉めの言葉をいただきました。うれしかったです。

 先輩団長の皆さん方が、厳しく礼儀から鍛えていただいたよき伝統が、今の石井団長に引き継がれていることがよく分かります。

 来年は、開成町が県大会に出場しますので、宜しくお願い致します。

Dscf0311

 帰り道、部長から「消火栓のそばにホース格納庫がないみたい。」という言葉。確かにおかしい。どこを探しても見当たらない。

 南足柄はどうなっているか?消火栓を見つけながら通って見ました。やはりホース格納庫がありません。

 開成町では当たり前に、自治会で消火栓の訓練を行っています。小田原、南足柄では、訓練がされていないということです。

 外に出ないとわからないことが沢山あります。これからも気を付けて視ていきたいと思います。

« 暑気払い⑥⑦ | トップページ | 少年野球大会 »

広域」カテゴリの記事